預言者のコラム

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画感想 ストーカーONE HOUR PHOTO 

<<   作成日時 : 2017/04/23 16:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


タイトルのワン・アワー・フォトとは「1時間写真}=「写真現像所」といったところでしょうか。

これは1枚の写真に、人の人生が投影されていること、この映画の主人公の人生について語っている、という意味かもしれません。

ところで最近では写真を現像することなどなくなりました。かつてはお店によって尊大な店員が多く、辟易したものです。なぜ横柄な店員が多かったのか? おそらく写真現像というのは誰しも必要とするもので客に媚びへつらわなくても次々に仕事が舞い込んで来たからでしょう。

しかし、今ではデジタルカメラが普及し、ほとんど現像所を利用する人がいなくなりました。
因果応報を思わずにいられません。

これに関して思うに、クリーニング屋です。私見ですがここにも横柄な店員さんがたまにいます。やはり、生活に不可欠なものゆえ、放っておいても客に事欠かないため、彼らは客を客とも思わなくても仕事が成り立っているのでしょう。

しかし、いずれは因果応報が働くのでは? 最近ではクリーニングが必定だったスーツでさえ、ウォッシャブルというのが出ています。
繊維と洗濯機、洗剤の向上でクリーニング店が必要なくなる日が来るかもしれません。
つまりは我々は皆、愛想よくし、お互いに微笑み合っていることに越したことはないということなのです。



さてさて
以下、ネタバレ注意 適当にストーリーを織り交ぜお話しします。

2002年 ロビンウイリアムスの作品
深夜にテレビ放映していました。

見た感想は「見なければよかったかな、あまり面白くないなあ」、という感じでした。ですから決してお勧めするものではありません。

しかし、しばらくして感想が変わったというのも事実です。
当初はただの犯罪者〜変質者のスリラーという感じだったのですが、段々、主人公がかわいそうな人だったという、憐れみの気持ちに変わって行ったのです。

映画中盤、主人公が目から血を流し、顔から血が噴き出す幻想シーンがあるが、これなど、気味の悪いシーンだから、見なければよかったなと思わせたシーンだったが、よくよく考えると、このシーンは主人公が血の涙を流すほど、悲しんでいたということだったのだと分かったわけです。

つまり、主人公は実質的に極悪なことはしておらず(人を脅したことは悪いことだが)、ただ気の毒な人だったということなのです。

彼は幼い頃、親に性的ないたずらをされながら、写真に撮られた経験があり、人格が歪み、大人になっても結婚できず、しかし幸せな家庭にあこがれ、地味な生活を送っていた。

そこに自分の思いこみであるが、ストーカー行為をしていた家庭で夫の浮気を知り、あたかも自分の家庭が壊されたかのような気になってしまう。

彼はその浮気現場で脅迫しながら男女の猥褻な写真を撮る。しかし、カメラはあらかじめ無駄に使った後で、フィルムを空押ししただけだった。 
彼は幸せな家庭を壊した浮気者同士が許せなかっただけだったのだ。
彼は実質的には誰も殺さず、心に傷を負った寂しい人だったのだ。

しかし社会ではそのような人をすぐに犯罪者と決めつけてしまうものです。「ああ、やっぱり、あいつは変な奴だと思っていたんだ。奴ならやりなけないな」と。

確かについ最近でも地下アイドルを付け狙ってめった刺しにしたバカがいましたが。
しかし、心寂しい人が皆、根っからの悪人というわけではない、このようなことを監督は言いたかったのではないでしょうか。

そして本来、コメディアンであるロビンウイリアムズが敢えて、この変な映画に出たのは、彼にはそのような人の気持ちが分かったからなのではないか。

画像


主人公の容姿、衣装が地味で、ダサくて、うまく作られています。




ストーカー (字幕版)
2013-11-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ストーカー (字幕版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画感想 ストーカーONE HOUR PHOTO  預言者のコラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる