預言者のコラム

アクセスカウンタ

zoom RSS シャープの凋落

<<   作成日時 : 2015/05/15 13:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


参照:「地デジに反対!」http://yhwh.at.webry.info/201106/article_1.html

『シャープ、「中小企業化」断念 批判受け資本金5億円に 2015年5月13日17時54分 朝日新聞
シャープは、1218億円の資本金を1億円へ大幅に減らす減資案を断念する。税法上の「中小企業」となることで税の軽減をねらったが、売上高3兆円近い企業が優遇を受けることに、批判が出ていた。新たな資本金は5億円程度を考えている。
資本金を1億円以下にすれば、企業規模などに応じて税金を課される外形標準課税が適用されない。シャープは経営再建策の一つとして、こうした優遇措置を受けられる大幅な減資を考えていた。 』


私はかつて、地上デジタル化に伴い、国民に一斉にアンテナ工事、地デジ対応テレビの買い替えをさせる国とそれに加担している家電量販店、家電メーカーを批判しつづけました。

国民はテレビをデジタル化したからといって、特別な恩恵はありません。
望む人にだけ、デジタルを提供し、他の人々にはこれまで通りアナログ放送を送ればよかったのに、選択の余地なく、「テレビを見たいならテレビを全国民よ、買い換えろ」というのはあまりに暴力的だと当時、私は感じていたのです。

一体、誰が得をしたのか? 地デジを推進した総務省か、家電メーカーか、家電量販店か、

地デジテレビが普及する際、吉永小百合のコマーシャルが目立っていました。
デジタルテレビを当時、特に力を入れていたのがシャープだったと記憶しています。それにシャープは比較的廉価だったので、買った人は多かったはず。

つまり、どのメーカーも地デジを国民の意志を無視してごり押ししていたのですけれど、その「カルマ」が返って来たかのようです。

シャープが「中小企業に転落」というニュースは(実際は資本金5億に留めたらしいが)、彼らがかつてしていたことの天罰なのではないか、と思わせるものでした。

家電量販店1位だったヤマダも凋落したでしょう?

ソニーも凋落し、テレビも視聴率低下、日本の政府自体も(日本という国も)アジアで低くなりつつあります。
原因は全て「自分の利益だけを追求したから」なのです。

つまり「自分さえよければいい」ということ。
一言で言えば「エゴ」なのです。

では国、企業、個人がこれから立ち上がって行くためにはどうすればいいのか。
それは「エゴ」の反対のこと「利他」=他の人を助けること、になります。

今、社会にはその精神がありません。すなわち「闇」です。
だから我々は〜大企業の大金持ちたちですら〜暗い気持ちで、閉塞感があり、将来に希望が見いだせず、常に不安が付きまとっているのです。



姓名判断・カウンセリングのご依頼はこちら




資本論 (1) (国民文庫 (25))
大月書店
カール・マルクス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 資本論 (1) (国民文庫 (25)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

21世紀の資本
みすず書房
トマ・ピケティ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 21世紀の資本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
シャープの凋落 預言者のコラム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる