タレントにならない?と勧誘してAV契約 断れば多額の違約金 現代の闇 AVは廃止にしなければならない

画像


「意に沿わないAV出演に泣き寝入りの女性も…」 NGOが初の人権侵害調査結果を公表 2016.3.3産経

アダルトビデオ(AV)産業での女性の人権侵害状況をめぐる初の大規模調査を行ってきた国際人権NGO「ヒューマンライツ・ナウ」(HRN)は3日、調査報告書をまとめ、公表した。HRNは「意に沿わない出演などが横行している実態が判明した。国の監督体制や法律に不備があり、対策が急務だ」と訴えた。
調査に協力した「ポルノ被害と性暴力を考える会」に寄せられた相談件数は、相談受付を開始した24年と翌25年は各1件のみだったが、26年は32件、27年は9月末時点で59件と急増。最多の相談内容は「だまされて出演」で21件。以下は「出演の強要」(13件)、「出演拒否で違約金請求」(12件)などが続いた。



「タレントにならない?」と勧誘してAV契約 断れば多額違約金&「親にばらすゾ」 東京地裁で暴露された人権侵害の業界事情2015.10.13産経

アダルトビデオ(AV)への出演を拒否した20代の女性が出演契約を交わしていたプロダクションから違約金約2400万円を請求された訴訟があり、東京地裁は9月、「本人の意思に反した出演は許されない」として請求を棄却した。多くのソフトが販売され、ネット上にも動画が広く流布するAVをめぐっては、出演者が誰にも相談できずに悩んでいることも多いとされる。女性の代理人は「AV出演の契約を無理やり交わされた女性被害者は多くいる。人権侵害により制作されるAVの現場を反映した判決だ」と評価している。



問題と問題の原因を提起したいと思います。

・まず、「セックス」の問題について

これは私が繰り返し述べていることですが、性には法則があって、人類は純潔であるべきなのです。
参照:「性の法則
これを前提とするとAV並びに買春などというものは廃止にしなければならないわけです。

このような事態になっている要因は

・不景気

人間たちの欲望がこういう状態にさせているのでしょうが、それを加速させているのが、不景気。
もし皆、企業の正社員になれたら、比較的真面目に仕事にいそしむことでしょう。しかし現在はそれが与えられない時代なのです。

あぶれた人間たちはどこへ行くのか。ホームレスか。彼らの中には少々倫理に外れても邪道な仕事を求める人もいることでしょう。
おれおれ詐欺など、詐欺が横行するのも不景気が一因。AV、風俗業界が横行するのもこれが一因。

だからもし状況を変えたいなら、我々は政治にもの申さねばならないのです。現時点で弱者を苦しめる消費税増税などには断固反対しなければなりません。
そして貧者や失業者に対策をしない現政権にも。

・法の欠如

上のニュースでも言っているように法に欠陥があります。安倍は憲法などに手を出して、特異な総理として記憶に残りたいのでしょうが、それよりももっとするべきことがあるというわけです。

1990年頃、児童ポルノ法というのが出来、それ以前は児童が守られていなかったのです。
考えてみてください。もしその時、法が整備されなかったら、「法で禁じられていなければ何をやってもいい」とばかりに、子供らが性産業の犠牲になっていたでしょう。
今でも18以上になったら法の目をくぐると、AV業界が女の子らを餌食にしているのです。

まず、「売春禁止法」というのがあるのだから、セックス商売そのものを禁止にするべきです。(いわゆるソフトポルノ~ヌードなどはあってもいい)
先にも書きましたが、「無免許女教師から過去に遡って給与返還を求める」なら、現在から過去に遡って、過剰なAV(買春)に関わった全ての会社、業界、人を逮捕するべきです。

本来は、政治家~総理大臣~与党が動くべきことです。不景気対策、法の整備など何もしていないように私には見えます。

・知恵の欠如

人間には欲があります。誰にでも、男にも女にも性欲はあります。
しかし、それを乱用していいわけではないのです。

災害後に無人になったスーパーから物を略奪することはいけないとあなたは知っているでしょう? 
ニューオリンズの災害ではあったことですし、中国の暴動ではあったことです。我々は客観的に彼らのやったことが愚かだと知っているはずです。

人間は食べることが必要。しかし貪ることはないのです。性に関しても、愛し合う正規の夫婦が性行するのはいいのですが、誰彼かまわず性行することは神の前にタブーなのです。

もしこれを笑うなら、芸能界を見回してみてください。昔、無茶なことをしたタレント、女と好き勝手なことをし続けたタレントたち。彼らは長生きだったか。

しかし、人間に欲があるとはいえ、単に「欲」とは言えず、「邪悪」とも言える状況が上の記事でしょう。
断れない状況を作って、女性らをAVに出させる。つまり、買春を強要させるとは。これはもう強姦と言っていいものです。

なぜ強姦罪が適用されないのか。社会に正義がないのか。ここにも闇があります。

皆さん、「悪魔」というのをおとぎ話で見たことがあるでしょう? いや、ここに本物の悪魔がいるではありませんか。おとぎ話の中ではなく、現実世界にいるのです。

この世に起こることは「必然」なのか? 例えば、大災害が起こることは必然か。そう、人間の罪ゆえのことです。
しかし、それは人間の意志が起こしたこと。
であるなら、人間の意志を改善させることで未来の災害は防げるはずなのです。

私は「最後の審判」について語ったことがあります。
参照:
人類の未来は
最後の審判に残ってはいけない

人類の未来は流動的で決定はしていないけれど、ある程度固まっていると。そして遠い未来には地球は壊滅状態になると。(最後の審判の時代の前のことだ)

上の記事にある、女性を騙し喰い物にした連中。彼らをどうやったら説得できるでしょう。彼ら全員が改心するでしょうか。

彼らの中には改心する者もいましょうが、どうしようもなく邪悪な者らもいることでしょう。そのような者らはどうなると思いますか? 今よければいい? 今さえ楽しければいい? 
そう皆そのように考え、過去生でそうして来たのです。その結果が現在の、事故や病や海外の戦争地に転生するなどという形で表れているのです。例がそこにあるのです。

そして説得されなかった者ら、べリアル(邪悪)の子らは遠い未来の地球で、恐ろしい時代に転生するかもしれないのです。

我々はこの状況を傍観していていいのか。それはいじめを見て、見ぬふりをするようなもの。
女性たちを助けるだけではありません。罪に陥っている男らだって、中には改心の余地のある人々がいるはずから。

微力でも、ネット上の呼びかけでも、何でもいいから、このような状況に否を唱えるようにしようではありませんか。



アメーバ・ブログ

姓名判断(あなたの惑星転生、運勢、カルマなどを導き出します)
カウンセリング
タロット占い
開運名~ペンネームを作って開運する~
ご依頼はこちら



エドガー・ケイシー文庫013 家庭と結婚〈上〉
中央アート出版社
ウィリアム・A. マックギャレイ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エドガー・ケイシー文庫013 家庭と結婚〈上〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



エドガー・ケイシー文庫014 家庭と結婚〈下〉 全面改訳新版(2)
中央アート出版社
ウィリアム・A. マックギャレイ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エドガー・ケイシー文庫014 家庭と結婚〈下〉 全面改訳新版(2) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック