AVは廃止になるか? 

画像


画像


以下、引用長くなりますが、流し読みを

AV業界「本番行為は禁止」で完全に終了 2016.6.18 sankei
「本番行為がダメだったとは…」AV業界に激震…次々と明らかになる悪質撮影に国も対応へ

大手プロダクションの摘発に業界中がどよめいている。所属していた女性を実際の性行為を含むアダルトビデオ(AV)の撮影に派遣したとして、警視庁が労働者派遣法違反容疑で大手プロダクション「マークスジャパン」(東京都渋谷区)の元社長や社長ら3人を逮捕した事件。一連の捜査で、いわゆる本番行為の常態化や女性の悪質な勧誘など、さまざまな問題が明らかになりつつある。AVをめぐる事件は過去にもあったが、今回の大規模捜査を機に、国も実態把握に本腰を入れる方針だ。
捜索は女性の派遣先とされるメーカー「CA」(港区)にも及んだ。CAは「DMM・com」グループでAV業界最大手。業界内に動揺が広がった。

発端は女性の相談だった。相談からは契約の強引さも浮かんだ。
女性は平成21年に別のモデルプロダクションからマークス社を紹介され、当時の社長に「グラビアモデルとして契約してもらう」と説明され、契約書にサインした。女性は契約書をよく読ませてもらえず、写しも受け取っていなかったが、「成人向けの作品も出演する」とする文言が書かれていたという。
その後、女性はAVの撮影現場に連れていかれ、女性が撮影を拒否すると、「サインしたじゃねえか」「スタッフがもう集まっているだろう」「違約金を払え」などと数人で取り囲んで数時間にわたって軟禁状態にし、撮影を強行。1本撮影すると次々撮影することになり、約5年間出演させられた。知らないうちに無修正の作品も出回っており、弁護士らとともに警視庁に相談した。

長年業界に携わった関係者によると、こうした強引な撮はほかのプロダクションやメーカーでも横行しているという。契約書や台本の内容は曖昧で、女性に何をさせるか知らせないまま事を進めていくのが常套手段。
ポルノ被害と性暴力を考える会によると、同会に寄せられる相談は26年ごろから急増している。モデル事務所と偽って契約し、AV出演を余儀なくされたなどといったケースが目立っている。

AV業界をめぐっては平成20年、モザイクの薄い作品を合格させたとして、自主審査機関「日本ビデオ倫理協会」(ビデ倫)の審査部門責任者が、わいせつ図画頒布幇(ほう)助(じょ)容疑で警視庁に逮捕された。16年には撮影で女性に悪質な暴行を繰り返したとして、メーカーの代表らが強制わいせつ容疑で逮捕され、後に強姦致傷罪で有罪判決を受けた。
同庁保安課によると、労働者派遣法違反容疑での摘発は9年ぶり。これだけ実際の行為が蔓(まん)延(えん)しているにも関わらず摘発例が少ないのは、性犯罪などと同様、女性が特定されることなどを恐れて裁判などで証言することに消極的になってしまうためだ。

一連の問題を受け、内閣府や関係省庁は実態把握を進める方針だ。内閣府は、啓発の推進や、被害者が相談しやすい体制づくりを通じて、効果的な支援の拡充を図ることを決めた。
内閣府暴力対策推進室の担当者は、「世間の関心も高く、放っておけない問題となっている。支援団体への聞き取りなどを通して、何が必要か把握していきたい」と話している。



参照:
私が総理大臣だったらAVを廃止にする
セックスの法則
セックステーマ

上記のニュース、本当に、AV業界を潰せたら拍手ものです。もしそうなら、行政、省庁は~私は常々彼らを批判しているが、~素晴らしいと断言できます。
「やれやれ、私が総理にならなくても済みそうだ(もちろんジョーク)」

性の問題は非常に大きな事です。
私は皆、どの国の人間も、男も女も「幸せ」になるべきだと思うのです。「そんなの当たり前だ」「そんなことありえない」世間はそう答えるでしょうか?

しかし、それが理想であることは間違いのないところでしょう。

では何を持ってして「幸せ」というのか。
その1つの形態は、父親、母親がいて、彼らはお互いに愛し合い、子供たちも親を愛し、親も子供たちを愛している、~というのがその1つであると私は考えます。

しかし、父親と母親が反目していてはどうでしょう。子供から見ると親は「性のない存在」ですが、彼らはそもそもセックスで結びついたと言っても過言ではないでしょう。とにかくセックスを無視して結婚はありえないわけです。
そこでもし、女があばずれだったら、男は女を大事にするでしょうか。

AV業界とか世間一般の男たちは、「AV女優」とかいう売春婦を他人ごとと見ます。
あの女たちは自分とは種族が違う、自分は堅実な女と結婚して幸せになるのだと。

しかし、そう都合よく行くものでしょうか。少なくとも女を食い物にした男は来世で同じ目に遭うことになるのです。
あるいは理想の伴侶に恵まれなくなるとか。

だから、どんな女に関しても「自分とは関係ない」などと思わずに、「女」というものを自分の祖母、母、姉妹、妻、孫だと考え、誰であってもまっすぐに人生を歩み、愛される妻となり、全ての人類が愛のある家庭を持てるようにしなければならないのです。

それを邪魔している要因の1つが、上記の買春組織なわけです。今では「買収組織」は名前を変え「AV業界」と呼ばれているだけです。

以上の案件、もう20年は放置されて来ました。ここでAVという買春が日本から一掃されることを切に願います。
(私は聖人ではなく、性欲を否定しているのではない。現状は行き過ぎだと言っているのだ。)

現在の総理大臣、もし彼が動けば、このような問題が脚光を浴び、問題は著しく改善されるでしょうに。原発問題も。
沖縄基地などは他国との兼ね合いがあるから一朝一夕とは行かないでしょうが、AV問題は大きく進展するはずなのです。

誰か良い政治指導者が現れ、これは多々ある案件の1つであるけれど重要なこの項目を一掃させる騎士(政治家)は現れないものでしょうか。




アメーバ・ブログ

姓名判断(あなたの惑星転生、運勢、カルマなどを導き出します)
カウンセリング
タロット占い
開運名~ペンネームを作って開運する~
ご依頼はこちら



AVビジネスの衝撃 (小学館新書)
小学館
中村 淳彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by AVビジネスの衝撃 (小学館新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック