嵐の二宮 和也 鑑定 「硫黄島からの手紙」

画像


私は個人的に嵐とかジャニーズとかには全く興味がありません。というか男は皆そうではないでしょうか。
中には男でも男性タレントが好きという人もいるでしょうが、概して男は男のアイドルに感心がないものです。

ではなぜ私は二宮君に興味を持ったのか? それはクリント・イーストウッドの「硫黄島からの手紙」に彼が出ていたからなのです。

特に、この映画はイーストウッドさんが非常に公平な目で戦争を描いたことで私は感動したのです。
つまり、アメリカ人というのは大概、「アメリカは偉い、日本は敵」という見方をするものです。
世界にはなかなか「世界」というものを「人類」というものを人種や国を超えて、理解しようとする人はいないものです。しかし彼はそのような人物なのです。

「父親たちの星条旗」ではアメリカ側から戦争を描き、日本兵は敵として描かれます。(未見の人に注意しますが、日本兵が手榴弾で自爆して、はらわたが飛び出た死体のシーンもありますので、鑑賞注意)

一方「硫黄島からの手紙」では日本側から見た敵アメリカが描かれるのです。
普通、人というのは戦争の敵国には良い感情を持たないものですが、彼は飽くまで平等な視線を変えません。

このような彼の態度、今始まったことではなく、ダーティーハリーなどの娯楽を作った後、「許されざる者」という、“人を殺したらヒーローではない”というテーマで映画を作っているのです。
ある映画では中国人と心を通わす初老の男を描いていますし、彼は稀な人だと私は評します。

話が横道にそれましたが、「硫黄島からの手紙」では二宮君が好演しているのです。というかそのような台本だったわけですけど。

~日本の世界から見たら小さなアイドルグループの人がハリウッドの映画、それもイーストウッドの映画に関わるなど、彼はそのような運勢を持っているのか? その辺を探ってみます。

二宮和也と書いて「かずや」ではなく「かずなり」らしいです。

彼のカルマですが、~つまり、彼が過去生で殺人を犯したかですが、~彼はやはりそのようなカルマを負っています。

「カルマ」ということが未知な人は私のホームページ記事を参考にしてくさだい。(預言集1~5

彼は今生ではカルマの支払いをしないようです。
つまり、今生はつつがなく人生を送れるだろうということです。

しかし、彼の魂は来世に最低でも2,3回は転生をしなければならないでしょう。
木村拓哉に魂の質が似ています。どのようなことかというと

この魂は、過去生で殺人の罪を負っているが、そのあがないを先送りにしており、来世では幾度も苦しい人生を余儀なくされる。しかも一回や2回ではないだろう。
そう考えると、今人気絶頂の嵐というグループの他のメンバーも似たような人々と推察できる。

つまり、彼らは不当に霊力を引出し、人気と富と栄誉を手にしているということです。
そして世間のこのような人々は皆、それを分かっておらず、「自分は他人よりも賢いから、努力したから、成功した」と誤解しているのです。

スターとか成功した人々は皆、不当に霊力を引き出しているのです。
ですから彼のような人々は、ただ名声によっかかるだけではなく、その金と名誉を社会の苦しんでいる人々に還元しなければならないのです。

さて、彼のその他の性格は

彼は今生ではまあ、良い性格をしていると思います。
それは過去生の邪悪な性格が奥にしまわれているからです。

今生では、彼は陽気な人柄のはずです。
よくしゃべり、冗談も言う。
そして台本を覚えるなど、頭を使う仕事にも向いています。
また知的探究心も強いので、あらゆる疑問を常に持っていることでしょう。読書家であるかもしれません。

そして行動力もある。しゃべって行動する、歌手や俳優に生まれ持って向いている人です。
しかし、少々、気弱なところがあるので、彼はリーダーには向きません。




アメーバ・ブログ

姓名判断(あなたの惑星転生、運勢、カルマなどを導き出します)
カウンセリング
タロット占い
開運名~ペンネームを作って開運する~
ご依頼はこちら



硫黄島からの手紙(字幕版)
2013-11-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 硫黄島からの手紙(字幕版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック