警察当局の狙いはAV内での本番行為そのものを禁じることにある

画像


『女優売春も…AV業界「アングラ化」の実態 摘発相次ぎ“地下”で生き残り図る 2017.10.17産経ニュース

アダルトビデオ(AV)業界が岐路に立たされている。無修正動画の配信や出演強要で制作会社やプロダクションが摘発される事案が相次ぐが、「警察当局の狙いはAV内での本番行為そのものを禁じることにある」(捜査関係者)との指摘も。廃業が相次ぐ一方、女優に売春させるなど「アングラ化」する業者もいるという。(夕刊フジ)

業界への取り締まりを強める捜査当局の狙いは何なのか。警視庁の捜査幹部の1人は「最終的な目標は、本番行為そのものを撮影させなくすること。日活ロマンポルノや初期のソフトなAVぐらいの表現のレベルにまで戻したい」と明かす。2020年東京五輪に向けて“浄化”を図る狙いも透けてみえる。』



私は、繰り返しますが「セックス」というものを否定しているのではありません。「やり過ぎ」はいけないと言っているのです。

そして何より、セックスには法則があり、それは単に、日本でどうという問題ではないのです。この地球全体で守らねばならない法則であり、全宇宙に有効な法則なのです。

参照:「性の法則」http://vaticination.webcrow.jp/newpage3.html

そして、日本の原発は、アホな政治家たちが、また再稼働させ始めていますが、全体的には縮小傾向にあるみたいだし、
AVについても私が主張するように、「かつてのポルノ映画=お芝居」であるべきで、「実際に男女がセックスするのは姦淫であり、買春に他ならないのだから止めるべき」という考え方に近づきつつあるようです。

このようなニュースは、暗いニュースが多い中で、良いニュースなのだと思います。

 

いつも気持ち玉を入れてくださり、ありがとうございます。m(_ _ )m

愛の預言・宇宙の法則

アメーバ・ブログ

姓名判断(あなたの惑星転生、運勢、カルマなどを導き出します)
カウンセリング
タロット占い
開運名~ペンネームを作って開運する~
ご依頼はこちら



AV出演を強要された彼女たち (ちくま新書1225)
筑摩書房
宮本 節子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by AV出演を強要された彼女たち (ちくま新書1225) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック