ゴーン逮捕 世界=地球はそれほど大したものではない

画像


カルロスゴーン逮捕

彼は年間10億くらい貰っていたらしい。そして20年くらい君臨していたというから、単純計算して200億、株価でもっと儲けているだろうから、大げさに言えば1000億くらい儲けているのではないでしょうか?

世間では彼のおかげで日産は立ち直った、彼のビジネス戦略は、手本となったなどと言っているが、
20年前、彼が就任する前から日本は不況になっていたが、彼が大リストラしたことは大きな話題となりました。

つまり大勢の社員を首切りしたのです。月十数万の工員を路頭に迷わせ、自分は数億を取っていたのだ。
そしてそれがビジネスタイプとして認識され、その後、日本の企業ではそれを真似する企業が増えたのではないか?

異国ではどうか知らないが、日本は中途で切られると中途採用は非常に難しくなるのです。単に表面上のことだけでなく、上下関係にしがらみが難しくなるのだ。
異国人のカルロスはそれを分かっていない。またそんな外人に日本企業を任せようとした当時の幹部連中に罪があると言えます。

そしてこの20年来、日本ではリストラが当たり前のように行なわれるようになったではありませんか。
しかし首切りは簡単な行為。そうではなく工員を生かして、自分たちも生かすという方策が難しいのであり、それを出来る人材がトップに望まれるのです。

もし日産のトップは数十億もらわず、月収30万で年収300万くらいでやって行くなら、全員を救えたかもしれない。冗談のように聞こえるが、飽くまで理屈の問題です。

地球全体で、軍事費を飢えている人たちに回せば、世界から飢餓はなくなるという理屈と同じです。
乱暴だが、それを同じではなく、しかし似たような方法で企業を救い、国を救うのがリーダーなのです。

ゴーンはフランスのルノーも任されている。そしてルノーはフランス政府と関わっているという。半国営という。なぜ一民間企業が国にと関わっているのか。
そしたら日本のトヨタもその他の自動車会社も、大企業も政府と繋がっているということになるのかも知れません。これは不正ではないか。財界人は当たり前というかも知れないが、当たり前に不正が行われて来たということだ。

エコカー免税というのがあったが、なぜ車を買う人が得をするのか。なぜ税金を免除されるなどいう国の利益と直結することを自動車企業はできるのか、それは不公平というものだ。

この辺の繋がりも断つべきです。

国は国であり、もう民営化した日本郵政は関係がないように。銀行も企業も国と切り離されて、中小企業が損をするというのは不公平であり、大企業の幹部だけが儲ける仕組みも、切るべきではないか。

私は事ある度に、金持ちの代名詞としてゴーンという名を挙げて来たが、彼の冷血さ、非情さはこのようにカルマとなったのだと思います。

この逮捕劇には諸説ありますが、また日産内でも快く思わない人たちの何年(10年?)にも及ぶ、不断の追求があったからこそ、暴くことが出来たのでしょう。
悪はカルマの網にかかるということと、不断の忍耐が我々には必要ということです。

*彼は世界の標準では役員報酬は決して高くない、と言うが
世界が間違っているのだ。メジャーリーガーの報酬、スポーツ選手の報酬、ハリウッドスターのギャラなど。

世界標準だから「正解」であるとは限らない。なぜなら「世界=地球」はそれほど大したものではないからだ。むしろ最も低い領域なのだから。




いつも気持ち玉を入れてくださり、ありがとうございます。m(_ _ )m

姓名判断(あなたの惑星転生、運勢、カルマなどを導き出します)
カウンセリング
タロット占い
開運名~ペンネームを作って開運する~
ご依頼はこちら


愛の預言・宇宙の法則Kindle版

預言者のコラムKindle版

愛の預言・宇宙の法則

アメーバ・ブログ


愛の預言・宇宙の法則 第5集
2017-09-02
アオキ 靖

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



カルロス・ゴーン 国境、組織、すべての枠を超える生き方 (私の履歴書)
日本経済新聞出版社
カルロス・ゴーン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


アクセスカウンター

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック