善人は良い魂なのか、悪人は悪い魂なのか、探る1 犯罪者篇つづき

画像



梅川昭美・・・
三菱銀行強盗事件の犯人
1979年1月26日、大阪府住吉区万代東の三菱銀行北畠支店に猟銃を持った梅川昭美が侵入、現金を要求した三菱銀行人質事件

この男、危険分子をもっているか?というと持っています。
しかしこのような人は地上に非常に多いということを考慮してしてください。
犯罪を犯すか否かというのはその人の意志にかかっているということなのです。

たしかにこの人は犯罪を犯す危険はありました。
言うなれば、刑務所から出てきた人がまた犯罪を犯す危険を持っているようなものです。

彼の特徴は、とても衝動的ということ。怒りに早く、思いついたら行動してしまう感じです。
そして面白いのは、同時にとても臆病だということです。

飯森には見られませんでしたが、以下に挙げる犯罪者も同様です。
つまり、この二人を犯罪者の見本と見るなら、

彼らは過去生で罪を犯しており、しかも怒りっぽい、ということなのです。
そして意外かも知れないけれど臆病。


まとめると犯罪者の多くはおそらく

元々邪悪な魂であり(しかしそれを治すために人生はある)、すぐ怒るくせに、臆病もの、
ということが出来るのではないでしょうか。

この男に関しては極端に、それが現れています。非常に臆病だと。

彼はカルマを今生で支払わねばならず、来世でも支払わねばならない状態でした。
しかし今生で犯罪を犯したので、また振り出しに戻ったわけです。



小野悦男・・・
足立区首なし殺人事件の犯人
1974年7月から8月にかけて、千葉、東京、埼玉で女性が強姦されたうえ殺害される事件が相次いだ。「首都圏女性連続殺人事件」と報じられたこの事件では、足立区の清掃職員・小野悦男(当時38歳)が容疑者として浮上、

この男も危険分子を持っています。そもそも危険な人物です。

しかし私が何度も言っているように、世界的大スターとこのような魂は紙一重なのです。
その人がパワーをどのように使うかにかかってきます。


この人物の特徴。

やはり、怒りに早く、衝動的です。そのくせ、非常に臆病なのです。
これが大きな特徴です。

案外、犯罪者というのは、このパターンに当てはまるのかもしれません。

そして上記の梅川もそうですが、策士でもあります。
もしエネルギーを違う方に使うなら、東大生にもなれるだろうし、医師にもなれるだろうということなのです。

この男の場合、この人生でカルマを償うように出来ていました。そして来世には自由の身に。
魂としてはそれほど低いとは言い難いものがあります。


以上、まとめると、

犯罪者にはやはり、危険要素があり、予め、魂を見ることで分かる部分もあるということです。
そして彼らの特徴は、
怒りっぽく、しかし小心者、と言えると思います。


解決法:

小心さ、臆病さに関しては~むしろ他人を尊重すること、見下さないこと、人間の平等性を学校が子供らに教えること。

暴力性~エネルギーを他の建設的なことに使い、スポーツや音楽などに転化する。

過去生の罪~これに関しては、慈善活動、を通じて改善されなければならない。

結論として子供たちに、正しい倫理教育がなされることが、犯罪予備軍をなくす方法だ。





いつも気持ち玉を入れてくださり、ありがとうございます。m(_ _ )m

姓名判断(あなたの惑星転生、運勢、カルマなどを導き出します)
カウンセリング タロット占い 開運名~ペンネームを作って開運する~
ご依頼はこちら


愛の預言・宇宙の法則Kindle版

預言者のコラムKindle版

ホームページ:愛の預言・宇宙の法則

アメーバ・ブログ










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック