テーマ:聖書

ホームホームページ更新 あなたはリバイアサンに食ページ更新 あなたはリバイアサンに食われていないか?

「あなたはリバイアサンに食われていないか?(海という怪物から脱却せよ)」 人間社会には、習慣というものがあります。これは言い換えると、大衆意識ということが出来ます。 特に日本人は「他の人が言っているから」とか、他の人の言動に合わせようとする傾向にあります。 今の男子は皆、韓流ドラマのような髪型をしていますし、流行も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アモス書 世の権力者たちよ聞け

アモス書は紀元前500年頃に、北イスラエルの崩壊を予言したものですが、当時の権力者の堕落はそのまま現代の権威者たちに当てはまるので、ここで述べたいと思います。 口語訳 『5:11あなたがたは貧しい者を踏みつけ、彼から麦の贈り物をとるゆえ、あなたがたは切り石の家を建てても、その中に住むことはできない。美しいぶどう畑を作って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せっかく地球を訪れているのだから

日本に観光に来たのなら、ホテルに缶詰めになっていても楽しくないでしょう。渋谷や京都、その他観光地に行った方が楽しめるし、ためになると思いませんか。 日本から海外に行った場合もそうです。その国に行った甲斐のあることをした方が徳なわけです。 皆さんは地球に来ています。 毎日の生活をし、泣き、笑い、学校に行かねばならず、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人を裁くな、というキリストの言葉は他人に不干渉であれ、と言っているのではない 

「人を裁くな。そうすれば、自分も裁かれることがないであろう。あなた方が裁くその裁きで、自分も裁かれ、あなた方の量るその秤で、自分にも量り与えられるであろう」 この言葉を文字通り受け取るなら、世の裁判官や、陪審員に選ばれた人たちはいけない、ということになってしまいます。 かつて「赦す」という言葉を取り違えて、殺人犯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホームページを新しいアドレスにしました。

今使っているホームページのプロバイダーを継続できそうにないので、新しく作ってみましたのでこちらの方のご愛顧をお願いします。m(_ _ )m 「愛の預言・宇宙の法則」 http://asafe.amearare.com/ ドメイン:(アサフ・雨あられ)アサフというのは聖書の登場人物で、雨あられは「あ」の韻を踏んだご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホームページ更新 カナの婚礼の意味

ホームページを更新しました。 「カナの婚礼の意味」 どうやら、現在使っているホームページのプロバイダーの更新ができないかも知れません。 そもそも定期的に更新するものと思っていなかったし、当時のパスワードが合わず、メルアドも変えたかもしれず、このホームページは消失する可能性があります。 と、他のプロバイダーで近々、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルロスゴーンや孫正義ら、世界の金持ちに言う

世界のスターたち、成功者たち アマゾンの経営者、ぞぞの社長 日本の芸能人たちアナウンサーたち、 億を稼ぐ人たち に言う 「あなたに足りないことが一つある。帰って、持っているものを全て、売り払って、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に宝を持つようになろう。そして、私に従ってきなさい」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イエスキリストの話 二人の盲人

福音書のエピソードにこのようなものがあります。エルサレムへの旅の途上でのことです。 『二人の盲人がいた、イエスが通りかかるというので、彼らは激しく叫んで彼を求めた  周囲の人々は彼らを叱ったが、彼らはますます大声で求めた。 するとイエスは彼らを呼び寄せ、癒してあげた』 というようなエピソードがあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イエスの言葉 心の貧しい人は幸いである の本当の意味

『心の貧しい人は幸いである。天の王国は彼らの物だからだ』 福音書はギリシャ語からの翻訳ですので、語の解釈も難しいのですが「心が貧しい人」とは何か。 どうやら原文では「霊に於いて貧しい人は幸い」と言っているようです。 「心が貧しい人」と聞くと、人間としてあさましい人や、心ができていない半人前のことのようですがそうでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イエスの言葉 岩の上に建てられた家

イエスキリストの言葉にこのようなものがあります。 『岩の上に建てられた家は、雨が降り、洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけても、倒れることはない。岩を土台としているからだ』 さて、キリストの言葉は文字通りの意味ではありません。比喩的に語られているのです。 なぜ彼がいちいち比喩を用いて語ったかというと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イエスの言葉 人の前で私を受けいれる者を私も父の前で受けいれる

「だから人の前で私を受けいれる者を、私もまた、天にいます私の父の前で受けいれるであろう。しかし、人の前で私を拒む者を、私も天にいます私の父の前で拒むであろう」 世に対し良い活動をするものを、内なる神は受け入れる(その人に長寿や恵みを与える)ということです。 反対にその人が世に対し、良い働き(慈悲慈愛の活動)をしな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あなた方は、しるしと奇跡とを見ない限り、決して信じないだろう」

「あなた方は、しるしと奇跡とを見ない限り、決して信じないだろう」 当時の人々はイエスが奇跡を起こすゆえに、彼について来ていました。 大衆というのは往々にして、特殊な能力を持った人、金のある人、地位のある人、などを持ち上げる傾向にあります。 それではイエスが霊能力を持っていなかったらどうだろう? 彼が教える言葉のみで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「信じる者は救われる」の本当の意味

キリスト教ではよく「信じるものは救われる」と喧伝しています。しかし、聞く方は実にインチキ臭いセリフだと思うものです。 そしてそれを言う神父などもそれの意味を知っていないはずなのです。 では果たして「信じる者は救われる」とはどのような意味なのか?  1つにはキリストが人を癒す時、あるいは死者を蘇らせる時、「信じなさい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神は心で見る 人は能力で見る

サムエル記16章7節 「16:7しかしヤハウェはサムエルに言った、容姿や背丈の高さを注視してはならない。それは拒否する、人が見るようなものではないからだ。人は目で見る、ヤハウェは心で見る」 とかく人間は他人を見た目や、才能、能力、財産で評価するものです。 しかし俗人ではなく、神に近い人は、他人をそのようなことで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イスラエルの初代王、サウル 人間は権力を持つといつか傲慢になる

オフィス北野の社長が、会社の持ち主、北野武をさしおいて会社の筆頭株主に 私は昔から、こういっては何ですが、「この人は海のものとも山のものとも知れない」つまり、何物だろうと思って来ました。 人は権力を持つと変わってしまうもの。 当初は善人だったかもしれませんが、長年権力の座に座っていると変わってしまうものなのでしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福音書の軽い講義5 明日のことを思い煩うな 明日とは何か

こんにちは。今日が一連の講義の最終日です。では、いつものテキストを開いてください。 「あなたがたの天の父は、これらのものが、ことごとくあなたがたに必要であることをご存じである。 6:33まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう。」 人間は健康や恋愛、お金、服、食…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福音書の軽い講義4 明日のことを思い煩うな 明日とは何か

こんにちは、あ、そちらの方、席についてください。この教室では飲み物を飲んでもいいし、おしゃべりをしてもかまいません。途中でお手洗いに行ってもいいですよ。リラックスして聞いてください。 「 6:30きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福音書の軽い講義3 明日のことを思い煩うな 明日とは何か

こんにちは、テキストを開いてください。 「6:27あなたがたのうち、だれが思いわずらったからとて、自分の寿命をわずかでも延ばすことができようか。」 この部分「寿命」と訳されたり、「身長」と訳されたりします。 まあ、いずれにせよ、人間の意志ではまかない切れないことがある、ということです。 それは「心配」というものは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福音書の軽い講義2 明日のことを思い煩うな 明日とは何か

皆さん、集まりましたか。エヘン、それでは講義を始めます。 さて、上記のイエスの言葉、他の部分も見て見ましょう。 「6:25それだから、あなたがたに言っておく。何を食べようか、何を飲もうかと、自分の命のことで思いわずらい、何を着ようかと自分のからだのことで思いわずらうな。命は食物にまさり、からだは着物にまさるではないか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福音書の軽い講義1 明日のことを思い煩うな 明日とは何か

受講生の皆さん、こんにちは。これから数回に渡って、福音書のイエスの言葉について講義をして行きたいと思います。 それではテキストを開いてください。「マタイ福音書の第6章」です。 マタイ福音書 口語訳 『6:25それだから、あなたがたに言っておく。何を食べようか、何を飲もうかと、自分の命のことで思いわずらい、何を着…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全人類に配布すべき聖書の1パラグラフ

私がいつも思うことがあります。聖書のある一章を一枚の紙にプリントして、世の人々に号外のように配ることです。 その章を以下に提示します。 (つまり、あなたに一枚の紙が渡されたということだ) 最後の審判の喩え 人の子が栄光の中に全ての御使いたちを従えて来るとき、彼はその栄光の座に就くであろう。そして、全ての国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イエスの言葉 悪を行っている者はみな光を憎む

「人々はその行いが悪いために、光よりも闇の方を愛したことである。悪を行っている者はみな光を憎む。そして、その行いが明るみに出されるのを恐れて、光に来ようとはしない。しかし、真理を行っている者は光に来る。その人の行いの、神にあって成されたということが、明らかにされるためである。」 悪は暗闇を好みます。長い間、独房にいた囚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キリストの言葉 平均点ではダメだ、平均点以上を取らねばいけない

「あなた方が自分を愛する者を愛したからとて、何の報いがあろうか。そのようなことは取税人でもするではないか」 よくテレビドラマや映画で、悪が描かれます。彼らは世界を破壊したり、主人公たちを憎み、殺そうとするのです。 しかし、その悪ですが、自分たちの味方に対しては、もちろん攻撃しません。 つまり、言い方を変えるなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イエスの言葉 あなたがたは先生と呼ばれてはならない

「あなたがたは先生と呼ばれてはならない。あなたがたの先生は、ただひとりであって、あなたがたはみな兄弟なのだから。 また、地上のだれをも、父と呼んではならない。あなたがたの父はただひとり、すなわち、天にいます父である。 また、あなたがたは教師と呼ばれてはならない。あなたがたの教師はただひとり、すなわち、キリストである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イエスの言葉 律法学者に気をつけなさい

マルコ12.38 「律法学者に気をつけなさい。 律法学者とパリサイ人とは、モーセの座にすわっている。だから、彼らがあなたがたに言うことは、みな守って実行しなさい。 しかし、彼らのすることには、ならうな。彼らは言うだけで、実行しないから。 重い荷物をくくって人々の肩にのせるが、それを動かすために、自分では指一本も貸そうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イエスの言葉 あなた方は地上の塩

「あなた方は、地の塩である。もし塩のききめがなくなったら、何によってその味が取りもどされようか。もはや、何の役にも立たず、ただ外に捨てられて、人々に踏みつけられるだけである」 この言葉の意味が分かるでしょうか。もちろん、文字通りの意味ではありません。イエスは比喩を使っているのです。 塩はそれ自体、味があるから人は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イエスの言葉 多く愛するものは、罪を赦される

「この女は多く愛したから、その多くの罪は赦されているのである。少しだけ赦された者は、少しだけしか愛さない」。そして女に、「あなたの罪は赦された」と言われた。 これはイエスが処刑される前に、マグダラのマリアがイエスに油を注いだ時に、イエスが言った言葉です。 「多くを愛したものは、多く赦される」。 では 「愛する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イエスの言葉 光りのある間に歩め

「光がある間に歩いて、闇に追いつかれないようにしなさい。闇の中を歩く者は、自分がどこへ行くのか分かっていない。光のある間に、光の子となるために、光を信じなさい」 「光」とはイエスの教えのことです。 しかし単に福音書のイエスの言葉ばかりではないかもしれません。それは神の言葉のことで、神が人間に望んでいることです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イエスの言葉 天の父が植えなかったものは、皆抜き取られる 

「私の天の父がお植えにならなかったものは、皆抜き取られるであろう。彼らをそのままにしておけ。彼らは盲人を手引きする盲人である。もし盲人が盲人を手引きするなら、ふたりとも穴に落ち込むであろう」。 もしあなたが人に真理を教えても、相手が聞く耳を持たなかったなら。放っておくしかないのです。 するだけはしたわけですし、相手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラキ書の比喩 人生のためには

「盲目の獣を、犠牲にささげるのは悪い事ではないか。また足のなえたもの、病めるものをささげるのは悪い事ではないか」 イスラエルには動物を生贄にする風習がありました。神殿の前で鳥などを参拝者が買って捧げるのです。 売る方は態のいい商売となったことでしょう。 日本の神社でお守り商売が成り立っていたり、参道で土産物屋が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more