テーマ:エドガーケイシー

視力回復に首と肩の運動  

備忘録 以前にもエドガーケイシーの視力回復のための運動を提示しましたが、改めて。 「首と頭の運動が効果的だ。毎日、朝、晩に6か月続けると著しい改善がある」 6か月毎日… 人は単純な運動を根気よく続けられないものです。相当な信念と、治したいという情熱がないと続かないものです。 そういう意味では、本当に治したい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耳鳴りの治療法 ケイシーリーディング2

リーディングナンバー3052の人へのリーディング 以下は英語のリーディングを私が翻訳、解説したものです。 「私たちが見つけるように、より良い身体機能を妨げる障害があります。 これらは原因の複雑さを持っています、そのため時々大量の歪んだ反応があります。 これらは、この実体で見つけた状態です。」 解説: …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耳鳴りの治療方法 ケイシー・リーディング

耳鳴りというのはいろいろなことが原因であると思われます。 気になる方はまずは医師に診てもらうことをお勧めします。 ここではエドガー・ケイシーのリーディングによる治療法を探ってみようと思います。 以下は1つのリーディング例です。(1688ー7) 喉、鼻腔、顔の組織を通して大量のリンパ液が必要なところ 首か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お礼

いつも当ブログをお読みいただいてありがとうございます。 「気持ち玉」をくださり、励ましてくれる方々ありがとうございます。 と、いつもいつも言いたいのですが、当方不器用なもので、武骨に更新をしております。 ところで私はエドガーケイシーを信奉いたしておるのですが、彼の語録をコピペしてたまに集めています。 本の中に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

待機児童? 女性は働くべきか

以下のことについては反発する女性たちが多々あるかも知れませんが、じっくり読み、考えるなら納得してもらえるはずと思う次第です。 参照:「女性は働くべきか」 過去生に問題のある子へのケイシーによるリーディング 「毎日、イエスが平和と調和で子供たちを愛したようにわが子に愛を示すこと。子供に聞かせる話も魔女や化け物が出て来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケイシーの名言 将来の不安をなくす方法

「忍耐すること、公正であること、親切であること、辛抱すること、同胞愛を示すこと、これらを実践したら将来どんなことが起きるか心配する必要はない(ケイシー)」 ケイシーが言う将来心配しない方法とは 「忍耐すること」 これは、人間というのは本来、霊であるが地上次元に転生すると肉体と時間の制限に置かれるので、忍耐というもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マザー・テレサとエドガー・ケイシー

私は20世紀の最大の偉人はマザー・テレサとエドガー・ケイシーだと考えます。 マザー・テレサは貧しい人々、病気の人々を救う活動をした、慈愛の人でした。一方、エドガー・ケイシーは霊視によって、人類に病の治療法、宇宙の真理を教えた人でした。 この二人のどこが偉大かというと、マザー・テレサは全人類の女性としての手本を示したという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケイシーの名言 人生に於いて取り返しのつかないことはない

「あなたの心を道であり、真理であり、光である方に合わせよ。そうすれば、あの方が愛の光をあなたの表情を通して輝かせ、過去生の放蕩生活で作り上げたあなたの魂の傷に気づく人は誰もいなくなるだろう。(5092-1)(エドガー・ケイシー)」 人は人生を歩んで行くと、誰しも過ちを犯すものです。皆、多かれ少なかれ後悔の念を引きずって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トルストイの「光あるうち光の中を歩め」

私はトルストイの本を読んだことがありませんが、この本のタイトルになった言葉の意味を説明したいと思います。 (この本の内容はウィキペディアに書いてあるし、図書館で読んでみてもよろしい) 「光のある内に、光の中を歩め」とはキリストの言葉で、 (ちなみに「預言者、故郷に入れず」とか「豚に真珠」とか、キリストの言葉がことわざに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エドガー・ケイシーは見直されるだろう

「エドガー・ケイシー」という人を知らない日本人は大勢いると思います。彼の知名度は日本でも世界でも甚だ低いのです。 しかし、皆さんはエジソンやアインシュタインは知っているでしょう。彼はそれらの世界の偉人に匹敵する人物なのです。いや、偉人の筆頭に挙げられるべき人物なのです。それがなぜ日本ばかりでなく、本国アメリカでも知名度が低いの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more